選ばれる保育士求人を徹底リサーチ

選ばれる保育士求人を徹底リサーチ

楽しくいきいき働くための保育士求人の探し方

特集!保育士の就職・転職事情
給与・待遇・競争率
みんなはどんな理由で転職してる?
求人に応募する際に注意したいこと
先輩に聞いた「就職・転職、成功のヒケツ」

失敗しない保育士求人の探し方

保育士さんと楽しそうな園児たち保育士として就職先や転職先を探すには、求人サイトやエージェントに登録したり、募集している保育園に直接応募する方法があります。

しかし、どのような保育園を選んで応募すればよいのか、迷ってしまう人も多いことでしょう。

求人にやみくもに応募したり、給与面だけに気をとられて応募するのは要注意です。
もし採用が決まってしまった場合、いざ勤め始めてみたら、「こんなはずじゃなかった……」という事態が起こってしまう可能性があるからです。

応募先を選ぶときは、そこで働いている自分を想像し、長く勤められるかどうかをしっかりとシミュレーションしましょう。そのためにはその保育園についてしっかり知る必要があります。

求人を探す前に転職成功の経験談をチェックしてみましょう

 

求人を選ぶなら大手保育園?それとも…

保育園にはさまざまな形態や規模があります。
たとえば、個人や自治体などが運営している単体の保育園と、自社保育園を多数チェーン展開している法人運営のものがありますが、求人に応募するなら、どちらが良いのでしょうか。

単体で運営されている保育園には、アットホームな雰囲気があると思います。融通がきいたり、風通しも良いでしょう。しかし、万一人間関係などがうまくいかなくなったときには、退職するしかありません。
対してチェーン展開している保育園なら、万一何か問題が起こったとしても別の系列保育園に異動することが可能です。

また、単体の保育園の場合は待機児童が減ったり経営が破綻した場合はそれまで…となってしまいます。
一方大手は、社会的救済を受けやすいうえ、別のビジネス展開という道も可能です。万一、重大な事故がおきた場合の対処能力が高いことも大手のメリットといえるでしょう。

保育園で遊ぶこどもと保育士さん加えて大手やチェーン展開している保育園では、海外研修などの大掛かりな研修やイベントを取り入れているところが多く、さまざまな面で成長できる環境が整っています。

単体の保育園にも良い点はありますが、長く勤めたい、真剣に保育力を高めたいと考えるなら、おすすめしたいのは大手かもしれません。

アットホームでありながら経営も安定している大手があれば、それは理想の保育園と言えるかもしれませんね。

保育士求人サイト登録と直接応募、有利なのは?

就職や転職活動には、求人サイトやエージェントを利用するのはとても効率的で便利な方法です。

一方、保育園でも公式サイトに詳しい求人情報を掲載している場合があります。直営保育園を多く展開している大手の場合は、必ずといっていいほど保育士の求人情報を掲載しています。

もし、しっかりとその保育園に応募先を絞っているなら、保育園サイトからの直接応募をおすすめします。

これは、私を採用してくださった担当の方に聞いた話なのですが、直接の応募は本人の志望度の高さの証明となるので、採用側の印象がよく、興味深く思ってもらえるのだそうです。

良い職場を見つけるためには保育園の特徴やカラーをよく知ることが大切です。
その保育園の理念や方針をよくわかって共感した上でエントリーすることで、採用後に「こんなはずじゃなかった」という問題も起こりにくいといえるでしょう。もう、転職を繰り返すこともなくなると思います。

就職・転職を考えている保育士の方へ

私は短大卒業後、保育士として頑張ってきましたが、最初に就職した保育園の方針と合わず、また、人間関係でも悩み、退職してしまいました。

一時期は保育士という仕事そのものを辞めようとも考えたのですが、たくさん勉強して好きで入った道です。あきらめることができず復職を決意しました。

同じ失敗を繰り返したくないと、かなり慎重に選んで応募、転職したのが都内と神奈川県に37施設を展開している保育園「グローバルキッズ」でした。

「グローバルキッズ」の理念は、『子ども達の未来のために』ですが、子ども達のためには近くにいる大人が輝かなければならないというモットーなので、社員一人一人をとても大切にしてくれます。

保育園で遊ぶこどもたちこの理念に共感したスタッフばかりが集まっているのでチームワークもよく、以前のように一人で抱えて悩むようなこともありません。チームで一丸となって保育に取り組んでいます。

オープンな社風というか、何でも話し合えるので、仲間との関係もとても良く、毎日が楽しくてワクワクしています!海外研修制度もあるので、保育という仕事に色々な可能性も感じられるようになりました。

保育士としての就職や転職を考えるときは、待遇面だけでなく、園の雰囲気や理念についてしっかりと知っておくことが大切だと、今つくづく思っています。
そして、自分がのびのびと働ける環境があるかどうかだと思います。

いま、就職や転職を考えている方にも、同じ職場の仲間が、同じ目標に向かってかんばれる環境であるかどうかをしっかりとチェックしてほしいと思います。

私が働いているグローバルキッズの保育士求人情報はこちらです

 
選ばれる保育士求人を徹底リサーチ