選ばれる保育士求人を徹底リサーチ

楽しくいきいき働くための保育士求人の探し方

特集!保育士の就職・転職事情
給与・待遇・競争率
みんなはどんな理由で転職してる?
求人に応募する際に注意したいこと
先輩に聞いた「就職・転職、成功のヒケツ」
失敗しない保育士求人の探し方 HOME » 【特集】保育士の就職・転職事情 » 失敗しない就職・転職のために

失敗しない就職・転職のために

このページでは、保育士として就職・転職に失敗しないために重要なポイントをご紹介します。待遇面なども大切ですが、長く働くためには保育園の雰囲気や理念を知ることが重要です。

保育士の就職・転職で気をつけたいこと

保育士を辞めたくなる理由は、「人間関係」「仕事のハードさ」「園の方針が合わない」ことに加え「待遇への不満」でした。その他にも、「遠い」「残業が多い」といったことも人によっては辞める理由となるでしょう。

つまり、これらが解消されている職場を選べば、次の施設では辞めたくはならないというわけです。

しかし、求人情報などに書いてある内容だけでは、実際の雰囲気などはわからないこともあります。入ってみて初めてわかること、感じることもあるはずです。

保育士の就職・転職に失敗しないために大切なことは、「求人先の保育園をよく知ること」が大切です。雰囲気や理念、展開している保育園のカラーなどはよく理解しておきましょう。そして自分に合いそうなところ、理念に共感できるところを選ぶようにしましょう。

保育士を大切に考える園を選ぼう

雰囲気を知る上では、伸び伸びと働ける風土であるかどうかをできるだけチェックしてください。

人間関係については、多少のトラブルはどんな職場でもつきものです。大切なのはそれを解決できたり、相談できる同僚や先輩がいるかどうか。また同じ理念に共感した仲間がいる職場なら、トラブルも少なくてすむはずです。

そして就職・転職に失敗しないためのポイントは「保育士を大切に考えている保育園であるかどうか」を見極めることです。

女性の社会進出が著しく増えている昨今では、延長保育や夜間保育も、働く女性のためには行なわなければならないケースもあるでしょう。その分、保育士の数は不足しがちです。

しかし毎日残業があるのでは続かないという人も出てきます。労働時間が8時間程度であるかどうか、土日祝は基本的にお休みであるかどうかは事前にチェックしておきましょう。

保育士を大切にしている施設であれば、保育士にできるだけ負担のかからない働き方を提供してくれるはずです。

待遇面だけにこだわるのはNG

給与などの待遇面もチェックポイントにはなりますが、それだけにこだわるのはNGです。目先の利益だけを追っても、暗い雰囲気や人間関係の悪化は辞めたくなる理由になるからです。

ある程度の自由度があるかどうかもしっかり見極めましょう。これによって園の方針にガチガチに縛られることは避けられます。保育園は地域や利用者によって、多少は独自のカラーが出るものです。そのカラーに合わせた運営でないと、保護者とのトラブルも生じやすいものです。

成長を目標としている人は、研修制度の有無についてもチェックしてみてください。中途採用者でも主任などに抜擢される土壌があるかどうかも考慮すると尚いいでしょう。

保育士が明るく楽しそうに働いている保育園は雰囲気もよく、長続きしやすい環境といえます。そういった点をしっかりと見極めるようにしましょう。

 
選ばれる保育士求人を徹底リサーチ