選ばれる保育士求人を徹底リサーチ

楽しくいきいき働くための保育士求人の探し方

特集!保育士の就職・転職事情
給与・待遇・競争率
みんなはどんな理由で転職してる?
求人に応募する際に注意したいこと
先輩に聞いた「就職・転職、成功のヒケツ」
失敗しない保育士求人の探し方 HOME » 【特集】保育士の就職・転職事情 » 転職する理由

転職する理由

保育士が転職するとき、どんなところがネックになるのでしょうか。経験者の声を中心に転職する理由を考えてみましょう。

保育士が転職する理由

保育士が転職を考える理由にはどんなものがあるのでしょうか。

あるサイトによると、保育園を退職したくなるおもな理由は以下の3つです。

第1位 人間関係

スタッフとうまくいかない、保護者とトラブルを起こしたなど

第2位 仕事がキツい

土日出勤が多い、労働時間が長い、子どもが言うことをきいてくれないなど

第3位 園の方針が合わない

独自の教育方針がガチガチで、地域や子どもの個性に合った保育ができないなど

保育園を辞めたくなるとき

ベスト3の理由に悩んでいる人の具体的な声を聞いてみましょう。

「保育者の間に派閥があり、また園長の顔色を見て仕事をする環境が嫌です」

「保護者に横柄な態度の保育園の体制が嫌でたまりません」

「子どものための遊びなどをもっと工夫したいのに、事務業務が多くて手抜きをしてしまうことが辛いです」

「保育者からの要求が多すぎる割に、こちらの言うことはまったく聞いてくれません」

「お勉強ばかりで遊びの時間が少なく、何か違うのではないかと感じました」

どの業界でもこういった悩みは生じるのかもしれませんが、問題は解決できるかどうか。解決できる風土がなければ辞めたくなってしまうのも当然かもしれません。

給与や待遇面も不満材料に

給与や待遇での不満も退職の理由になります。例えばこんな声も。

「いまの給料では自立は不可能。いつも転職サイトをチェックしています」

「休みの日もいろいろな行事の準備に追われていますが、サービス残業です」

「労働に対して給与が安すぎます。働く意欲が出ません」

待遇面については、転職によって解決できるケースも多いはずです。

次のページでは「失敗しない就職・転職のために」心掛けておきたいポイントをまとめています。就職や転職は一大決心をともないますが、保育士という素敵な仕事を続けるためにもぜひ参考にしてください。 

 
選ばれる保育士求人を徹底リサーチ